帝国繊維 下野工場が前田製菓跡地にできた!

帝国繊維 下野工場が前田製菓跡地にできた!

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

 

前田製菓宇都宮工場跡地に帝国繊維の新工場建設

 

下野市石橋の前田製菓の宇都宮工場跡地に建
が始まっている建物は、防災機器の製造・
販売などを手掛ける帝国繊維の新工場です。

帝国繊維は麻繊維(リネン)関連工場

防災機器で「繊維」?という感じですが、主
な商品が消防用ホースと聞くと、なるほどと
思います。

そして、元々麻(リネン)糸から消防用ホー
スを生産することから始まっていたわけです。

帝国繊維鹿沼工場の歴史が古い

帝国繊維鹿沼工場 〒 322-0032 栃木県鹿沼市府所本町197番地

最初は、近江からスタートして、栃木県の鹿
沼に工場を建てたのは、明治21年に下野麻紡
織として始まったのですね。かなりの歴史で
す。

鹿沼にすでに工場があるくらいですから、下
野に新工場ができるのは不思議なことではな
いようですね。

帝国繊維はリネンタオルなど各種製品も

テイセン(帝国繊維)の製品は、消防用ホー
スにとどまりません。リネンは上質な繊維と
いうことで、タオルやハンカチ、そしてシー
ツなどの寝具にまで及んでいます。

帝国繊維はサージカルマスクも生産

さらに、コロナ流行を機にマスクの生産もし
ており、国産のサージカル(医療用)マスク
として注目されています。

とと姉ちゃんのととはテイセンの社員だった

余談ですが、NHK朝ドラの「とと姉ちゃん」
をご記憶でしょうか。「暮らしの手帳」の創
業者・大橋鎭子がモデルでしたが、彼女の父
(とと)はテイセンの社員だったんですね。
幼少期は、北海道の工場長だったそうです。

帝国繊維下野新工場は、防災車輌工場

テイセンの社長さんは、下野市に新工場を建
設する目的について次のように言っています。

「当社は、今年度(2019年)より第五次中期
経営計画「帝国繊維(テイセン)2022」をス
タートさせ、≪ 先進的防災事業を確立・発
展させ 多発化・激甚化する自然災害・気候
変動による脅威から 社会や事業の安心・安
全を守る!≫を目標に諸テーマに取組んでお
ります。」

簡単に言えば、防災関連商品はホースだけに
限らず、他の製品も手掛けます!ということ
ですよね。

最近の次々と起こる災害にともなって需要が
高まっているため、それに対応しての事業と
いうことですね。

当社では、これまでの信用を土台に新事業を
次々と起こしているわけです。

さすがです。コロナなどに負けている場合で
はないのです。

そして、
「現在、防災車輌工場・ホース工場が併存す
る当社鹿沼工場をホース専用工場とする一方、
及び将来に向けて次世代型防災車輌も含めた
生産拠点としての防災車輌工場の移転・新設
を図るべく、防災車輌工場用地として当該固
定資産の取得を実施したものです。」

とありますように、新工場は防災車両の生産
を行うということなんです。

それで、あのような巨大な建物が出来てきた
んですね。

防災車両というと、上の写真のような消防署
にある救助工作車などを思い浮かべますが、
最近は水害時に活躍する排水ポンプ車なども
生産しています。

「次世代」の防災車両はどんなものができる
のでしょうか。楽しみです。

帝国繊維下野新工場の採用情報は?

帝国繊維は、旧安田財閥系の老舗で現在も東
証一部上場の会社です。

本社のホームページを見ますと、社員数が15
6人(関連会社含めても331人)ということで
すから、当然採用対象は大卒以上で採用人数
も数名と限られています。

特に理系の車やメカ好きの若者は挑戦してみ
たらいかがでしょうか。

あれだけの大工場でも、少人数しか働いてい
ないのでしょうね。

こちらのビデオが参考になります。

というわけで、近くに新工場ができたからと
言って、自分も気軽に働こうかとはいかない
かもしれませんね。

詳細は、帝国繊維のホームページでどうぞ。
http://www.teisen.co.jp/recruit/

関連記事

コストコ壬生は2022年オープン?!

北関東道 下野スマートICは2022年10月供用開始?!

地元(壬生町・下野市・上三川町)の家庭教師