小学生の時計問題は紙より前におもちゃ 時計で練習する

教育・学習・学校
スポンサードリンク

小学生の時計問題は紙より前におもちゃ時計で練習する

低学年の発達段階では具体物での操作が必須

学校というところは、通常子どもの学力を評
価するのにペーパーテストを使用します。
そのため、必然的に練習も紙でできたプリン
トやドリル、ワークと言ったものですること
が多くなります。

しかし、低学年での発達段階では多くの子が
紙(2次元空間)での操作になれていないか、
能力上無理があるのです。

そこで、具体物を活用することになります。
大抵の小学校では、入学時に算数セットの購
入を奨めているいるはずです。(ただし、最
近ときどき「強制購入」はさせないという学
校もあるようです。その場合は、授業でも使
わない可能性があります。)

本来、義務教育ですから学校で一人1セット
用意しておくべきですが、そんな学校はまず
ないでしょう。

算数セットは家庭用にもう1セット用意 しましょう

また、どこの学校でも算数セットは教室のロ
ッカーに置きっぱなしです。なので、できれ
ば家庭での学習のためにもう1セット用意し
ておきましょう。少なくとも、計算カードと
時計くらいはバラ売りで購入しておくべきで
す。

なぜならば、とくに時計の学習にかける学校
での指導時間が短すぎるからです。

小学校での時計学習の指導時間

現在、小学校では低学年の算数で、時計の学
習を次のように実施しています。(東京書籍の例)

1年生
●時計の目盛りと長針,短針の機能 ●何時,
何時半の読み方 ・・・・・・・・・ 1時間
●何時何分の読み方  ・・・・・・・2時間
2年生
時刻と時間の概念,区別 ●1時間=60分,
1日=24時間の単位関係
●午前,午後の意味・・・  ・・・・2時間
3年生
●時刻と時間の求め方 ●時間の単位「秒」
の概念 ●1分=60秒の単位関係
発展 時間の加減計算(繰り上がり,繰り
下がりあり)・・・・・・・・・・ 4時間

上記3年間で学ぶことを簡単にまとめますと、

  1. 時刻を読む(何時何分何秒)
  2. 時間を計算する(何時間何分)
  3. 時刻を求める(何分後、何分前は何
    時?)
  4. 時間の単位関係(日、時、分、秒)
    となります。

学校で算数セットを用いて指導する時間は十分ではない

とくに、算数セットに入っているおもちゃ時
計を使っての学習時間は十分とは言えません。
「購入するのなら家に置いておきたいよ。」
と言いたいくらいです。

学校では、十分におもちゃ時計での操作をや
らないうちに紙の問題をやらせるので、多く
の子がここで算数のつまづきを見せています。

アナログの時計なんて読めなくたって、現代
では日常生活に支障をきたすことはありませ
ん。そういう考えから、先生も親もますます
いい加減な指導になっているかもしれません
ね。

しかし、時計学習は日常生活で時刻を読むた
めだけにあるのではありません。時間の概念
を始め、時間の単位、12進法と60進法、曲が
った数直線の読み取り、そして高学年では角
度、円グラフ、速さなどの学習につながって
いきます。

なので、低学年での時計の学習がいい加減に
なると、ますます算数嫌いになる機会が増え
ていくことになってしまいます。

1年生になるまでに時計になれておく

学習指導要領によれば、1年生では、「時刻
の読み方を用いて,時刻と日常生活を関連付
ける」となっています。学校だけでなく、で
きれば入学前からアナログ時計を日常生活に
生かしておくといいですね。

家庭内の身近なところにアナログ時計を置い
たり模擬時計を使うことにより、「時計を見
て自ら動ける子」になっておくのが理想的です。

長針に注目して1分おきと5分おきの時刻を学ぶ

スポンサードリンク

1年生で、「何時何分の読み方」を学びます
ね。
これが、最初のハードルと言えます。

すなわち、これが読めるということは、メモ
リが読めるということだからです。メモリと
は言い換えれば「数直線」です。数直線につ
いてはすでに学んでいますが、円の一部であ
る曲がった数直線には慣れていません。

アナログ時計のメモリについて学ぶ

数字と数字の間はメモリによって5つに区切
られている(注意!メモリが5つあるのでは
ありません。)ことと、書かれている数字は
そのまま読むのではなく5倍して読むことを
理解させる必要があります。これ、1年生に
は結構難しいはずです。

数字と数字の間がいくつに区切られているか
を意識することは重要です。3年生の秤のメ
モリの読み取りや、その後のグラフのメモリ
の読み取りにつながります。

分針の読みとともに5とびの数を学ぶ

声を出しながら時計の針を細かく動かしなが
ら、読む練習をすべきです。そして、記憶力
の発達してる子や算数大好きな子には、5の
段の九九(2年生で学習)を先取りして唱え
させるのもいいかもしれません。

算数セットの時計で時計をマスター

2年生の算数の目標は、「日,時,分につい
て知り,それらの関係を理解する」
となっています。

これをマスターするには、算数セットの時計
が必須アイテムです。模擬時計や紙に書いた
時計ではだめです。すなわち、長針と短針の
長さや違いがはっきりと分かる時計で、長針
と短針がきちんと連動する時計です。たまに
粗悪品があったり、何度も使っているうちに
連動しなくなる場合がありますので注意する
必要があります。

とくに、3年生で学ぶことになっている「時
間と時刻を求める」は、紙での操作の前に十
分に算数セットの時計で操作する必要があり
ます。これが、意外となされていないため苦
手になる子が増えます。

多くの学校が2年生の終わりに算数セットを
家に持ち帰らせてそのままになります。当然、
学校でおもちゃ時計を操作しての時計学習は
ほとんどしないでしょう。なので、3年生こ
そ家庭で算数セットを活用する良い機会と言
えます。

3年生段階で、まだまだ足し算・引き算・掛
け算・割り算の練習が不十分な子が大勢いま
す。放っておくと、中学生になっても暗算す
べき計算を筆算でするために問題を解く時間
がかかりすぎてテストが全部終わらないとい
う事態になりがちです。時間の計算も同様な
ので、3年生(以降)での算数セットを大い
に活用しましょう。

関連→計算カードの使い方次第で2年生までに算数の基礎力が確実に身につきます 

時計の学習はほかの算数学習にも関連してきます

3年生では、アナログ時計で学んだ、円の数
直線を「はかり(秤)で重さを読み取る」こ
とに応用します。

また、東書の発展学習で扱っていますように、
60進法の理解も重要です。繰り上がり、繰り
下がりの計算の得意な子には、時計の筆算を
教えるのもいいかもしれません。

そして、5年生では、速さの学習をしますが、
十分に理解できないまま中学校で苦労する子
がたくさんいます。また、5年生での円グラ
フの学習は社会科の資料の読み取りにもつな
がっています。

算数セットの時計の針が連動しなくなったらばら売りか100均時計

算数セットがなかったり、セットの中の時計
の針が長短連動しなくなったら、新しいのを
購入しましょう。

ネットで検索すると、高価な知育時計を購入
することもできますが、要は本物を使えばい
いのです。家にある古くなった掛け時計でも
いいし、100均でも購入することができま
す。

カバーを外して、電池を入れなければ、れっ
きとした学習用時計になります。
ネットから算数学習用の文字盤をダウンロー
ドして貼り付ければ、さらに良くなります。
こちらは、参考サイト↓

100均で知育時計を手作り。遊びながら時計の読み方をおぼえよう!
時計の読み方は子どもにとって難しいもの。でも、知育時計を使うと教えやすいですよ。その知育時計も手作りすれば、子どもが手で針をまわしたり、長針と短針の動きを体験で実感することもできます。100均の時計で、簡単に、安価に作って、親子で時計の読み方を学びましょう。
知育時計手作り!100均ダイソーの時計と無料文字盤ダウンロードで作る方法!
知育時計を作ってみよう! 子供が時計に興味を持ったら、子供に時計の読み方を教えたくなったら、知育時計の手作りもおすすめです。 知育時計を買うのも良いですが、子供と一緒にオリジナルの知育時計を作れば子供もより興味を持ちます ...

関連記事

算数の基礎力を小学校の早い段階で確実 に身につける方法 

計算カードの使い方次第で2年生までに算数の基礎力が確実に身につきます 


コメント

タイトルとURLをコピーしました