再開近い「麒麟がくる」ロケ地 壬生町嘉陽が丘に行ってみました

エンタテイメント
スポンサードリンク

「麒麟がくる」ロケ地 栃木県壬生町嘉陽が丘はこんなところでした

ロケ地が「嘉陽が丘」との情報を得ましたので、尋ねてみました。

この写真は、Facebook「壬生町観光交流」に掲載の写真です。

右の写真は、休憩に敷地内の体育館を使用しているところでしょうね。
この左側の写真を参考に嘉陽ヶ丘を訪ねてみました。

壬生町では、「嘉陽が丘」と言えば、=「嘉陽が丘ふれあい広場」のことです。ここは、
統合する前の「稲葉中学校」の跡地になります。その当時からの名称なのでしょう。

当地を訪ねますと、「施設利用者以外立ち入り禁止」というそっけない看板がありまし
た。

施設の門というか入口から見た感じはロケ地のイメージとは違いましたので、裏に回っ
てみました。地図で言うと、緑色の部分の北側の道路の向こう側がいかにもロケ地と言
う雰囲気でしたので、写真を3枚ばかり撮りました。

スポンサードリンク

 

撮影当時は、1月か2月でしたので緑の葉がないので、イメージしにくいで
すが、おそらくここではないでしょうか。

そして、下のニュースで流れた馬に乗って行くシーンは、右の写真の道か
と思いましたが、よく見ると道幅が違っています。
おそらくは、右写真の奥がさらに森林が広がっていますので、そちらの方
の木立かもしれませんね。

壬生町からの「麒麟が来る」情報

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」壬生町ロケ | 壬生町公式WEBサイト

関連記事

「麒麟が来る」の再開が楽しみ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました