学校再開後が大変だ!塾で勉強かそ れとも家庭教師か?

教育・学習・学校
スポンサードリンク

「コロナ休校、ずるい。」そんな声が働
く親たちから聞こえいました。

なぜなら、先生方は2つの大きな利点が
あるからです。

  1. 堂々と年休取っても公務員は失業し
    ない。
  2. 子どもたちがいない間に、溜まった
    仕事をゆっくりこなせる。

しかし、先生方は頑張ったようですね。
休校中も、学校再開に向けての準備で忙
しかったようです。

先生方はコロナ休校でも子供たちの面倒 を見てくれたか?

学校は臨時学童にはならなかった

子どもたちを狭い学童保育の部屋に押し
込めておくのではなく、困ってる親には
広々とした学校を開放すべきでした。

先生方が臨時の学童保育支援員になれば
良かったと思いますす。

オンライン授業を実施した?

感染爆発を防止するためには、コロナ休
校大いに結構ですが、子どもたちへの教
育までストップしてはいけなかったので
すが、3か月もストップしました。

これ、仕方ないとは思いますが、国と地
方自治体の責任には違いないです。

オンライン授業は、民間ではすでに塾や
家庭教師サイトで始まっています。学校
では、やれるところはやるといった感じ
でなかなか進んでいないですね。

私立学校や先進的な公立学校ではすでに
実践が始まっているようですが・・。

オンライン授業のメリットは限定的

私自身も、実験的に実施してみましたが、
オンライン授業にはメリット、デメリッ
ト相半ばしていることが分かりました。

すなわち、使い方次第ということです。

結論から言えば、
普段顔を合わせている者同士では有効で
すが、知らない者同士では効果が得られ
るまでに時間がかかるだろうということ
です。

なので、私が学校にオンライン授業を提
案する理由には、普段授業を担当してる
教師と授業を受けている子どもたちとい
う前提
があるからです。

スポンサードリンク

一方、最近はやりの塾や家庭教師のオン
ライン授業の場合ですが、

普段対面で授業している関係の講師と子
どもが、それを補う形でのオンライン授
業ということであれば、有効であると思
います。

ところが、盛んに宣伝されている「1講
座5分から」とか「1回でもOK」という
オンライン授業では、実際のところ授業
にはならないのではないかと思います。

学校再開後の学習補充は塾よりリスクが少ない家 庭教師がおすすめ

保護者にとっては、臨時休校によってで
きたブランクで、子どもの学習の遅れが
心配になってきました。

学校にさえ行っていれば、ある程度の学
力は自然に身につくはずでしたが、それ
がなかったので、積極的に自ら学習する
子とそうでない子とはますます差が開い
たことでしょう。

また、学校が再開してからも授業の進度
が早まるのではないかと考えると余計に
心配は募ってくるのではないでしょうか。

では、やはり塾に通わせるかと考える親
が多いでしょうが最近の多くの塾が「個
別指導」を実施してるから大丈夫と思っ
たら間違いです。

「どうせ、子どもが感染しても重症化す
るリスクは小さいのだから」という考え
と「勉強が遅れては困る」という考えが
頭をもたげてきた親は、塾を利用するか
もしれませんね。

どこの塾も死活問題ですから、それなり
の対策を取るでしょう。

しかし、3密リスク回避という点と効率
の良い学力アップという点では、1対1
での指導の家庭教師にはかないません。

関連記事

とちぎテレビで授業!県教委が率先

塾と家庭教師の選び方ポイント

栃木県中央部のオススメ家庭教師

コメント

タイトルとURLをコピーしました