水害にも備えておく防災用品おすすめ

健康・生活
スポンサードリンク

水害にも備えておく防災用品おすすめ

豊かな自然の恩恵をもたらしてくれる一方で、毎年のことながら水害に悩まされるわれ
らが日本ですね。いずれにせよ、自分の命と財産は自分で守る覚悟が必要です。

それには、普段からの備えが重要です。
水害を心配するあなたは、おそらくハザードマップの危険地域にお住まいなのでしょう。
あるいは、住居は安全区域でも、仕事など日常生活上危険区域を通行する可能性の高い
場合に当たっているのですね。

水害危険区域で普段から備えておくべきもの

一般的な防災グッズ

梅雨や台風の時期になって慌てるのではなく、その前から準備しておくべきものとして
は、水害に限らず地震などの災害にも共通して使える防災グッズを用意しておくことが
基本となります。
(→関連記事【防災ブログ】オススメの防災買い置き便利グッズはこれだ! )

定番の土嚢(どのう)と止水板

また、水害危険地域にお住いの方に必要な代表的なグッズとして、土嚢と止水板が挙げ
られるでしょう。今は、高齢者向きに、水で膨らんで土嚢になるなどと言う商品も開発
されているのはありがたいですね。もちろん力のある人が家族にいれば、前もって土な
どを詰め込んでおいて、すぐにでも家の前に積み上げられるようにしておきます。

また、土嚢と併用して止水板を便利に使うのも賢い選択と言えるでしょう。

最優先すべきは避難です

しかし、水が入ってこないような土嚢や止水板の対策は初歩的な対策です。高齢者が避
難を始めるべき「警戒レベル3」になったら、そうした対策は投げ出して、非難のこと
だけを考えて行動するようにしましょう。

命の危険が迫った時に必要な水害対策グッズ

それでも、何らかの事情で「警戒レベル4,5」の状況で自分の命を守る行動の必要性
に迫られるかもしれません。そういう時に必要なグッズは次のようなものでしょう。

緊急脱出ハンマー

水害危険地域に住む人だけでなく、ドライバーならば誰もが備えておきたいグッズです
ね。万一、車がトンネル、アンダーなどの推進のある所に入ってしまった場合、または
道路と水路との境目が分からなくなくほどの道路から誤って川に落ちてしまうなどとい
う場合には、緊急脱出のための必須アイテムと言えるでしょう。

スポンサードリンク

救命胴衣と水に浮くリュック

水害危険区域から脱出するとき、あるいは救助されるときに必要なグッズで、すぐに思
いつくのが救命胴衣ですね。また、水に浮いてくれるリュックなら救命胴衣は必要ない
かもしれませんねん。なかなかのアイディア商品です。

関連記事 

【防災ブログ】オススメの防災買い置き便利グッズはこれだ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました