黒蝶真珠の色の魅力を母の日お母さんの耳に!

商品レビュー
スポンサードリンク

黒蝶真珠の色の魅力と価値を「美の壺」で知りました

黒蝶真珠(クロチョウと読むのが正しい
ようです)が似合う人を見ると、
なぜかドキドキします。

それは、「セクシー」などという色あせ
た形容ではもったいないような「ドキド
キ」です。

おそらく、黒蝶真珠を愛する人にとって
は、その価値は「=価格」ではないでし
ょう。

以前から関心のあった黒真珠ですが、NH
Kの番組の「美の壺」を見てから、ます
ますその魅力にはまりそうです。

黒真珠と黒蝶真珠

黒真珠とは黒い真珠の総称ですが、人に
よっては黒蝶真珠以外の黒真珠は「あり
えない」ようです。

すなわち、葬儀用に着用する黒真珠には
「黒く着色した真珠」が多いので、論外
なんですね。それらは、アコヤ真珠や淡
水パールなどを着色するそうですね。

その意味で、逆にあえて「黒真珠」とい
う言葉を使わないで、「黒蝶真珠」だけ
を使う人もいるのです。

「黒蝶真珠」と言えば、天然のカラー
いうことです。

「黒蝶真珠」は、黒蝶貝と呼ばれる貝か
ら採れる真珠で、表面が緑や青などの独
特な光沢を帯びている真珠なんですね。

黒蝶貝のたんぱく質に含まれる色素には、
赤、黄、緑などが含まれていて、これら
の色がさまざまに重なり合った結果、黒、
、シルバー(グレー)、グリーン、ブラ
ウンなどの色合いを発色するのです。

中には、赤みを含んでピーコックカラー
が現れるものもあり、お値段も高くなっ
てくるようです。

また、黒蝶真珠は色だけでなく、形の魅
力も持ち合わせています。自然が生み出
した真珠には豊かな形状があります。い
わゆるラウンド系からバロック(不揃い)
までさまざまです。

葬儀用だけではもったいない黒真珠

黒蝶真珠の色の魅力を知れば、単に
「黒」だから葬儀用と決めつける発想は
情けないですね。

そんなことを気にしないで黒真珠を普段
に楽しむ人は魅力的です。

それは当然といえるかもしれません。
そういう人は、着こなしに自信があり、
自分の価値観に自信があり、そして何よ
り黒蝶真珠の色と価値を楽しんでいるか
らです。

黒真珠ジュエリーは沖縄・石垣島にも

黒蝶真珠というと、タヒチものを思い浮
かべる方も多いと思いますが、日本でも
紀伊半島以南に分布し、沖縄の八重山、
宮古の周辺海域にとりわけ多く生息して
います。

「美の壺」に出演した歌手・夏川りみさ
んは、故郷の沖縄・石垣島の思い出とと
もに黒蝶真珠についてお話しされていま
した。

紅白歌合戦初出場の時には、黒蝶真珠を
身に着けて歌ったんですね。

夏川さんは、もともと天然石ジュエリー
が大好きだったのですが、子どものころ
に慣れ親しんでいた黒真珠も、沖縄を離
れてからその良さをしみじみと知ったと
いうことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました