宇都宮の餃子うどんは残皮(ざんぴ)ウドン!?

商品レビュー
スポンサードリンク

宇都宮「味一番」の餃子饂飩がテレビで紹介

NHKの「あさイチ」で朝から餃子の皮についての特集がありました。
手作りで餃子の皮を作るとき、「生地から皮をくりぬいた後に残る部分をどうしている
の?」という企画です。

その処理の仕方は、お店によって違っていて、ある店ではあっさりと捨ててしまい、あ
る店ではもう一度小麦粉などの原料と一緒に再利用するといった具合です。

そして、第3の方法が別のリサイクルをする方法です。もう一度原料に混ぜると質が落
ちてしまうということで、揚げたりしてビールのおつまみにするか、もう一度こねてう
どんにしているんですね。

皮をくりぬいたあと残ったものなので、「残皮(ざんぴ)ウドン」と言っているのです。

NHKなので、店の名前は出していませんでしたが、どんぶりに「味一番」と書いてあっ
たのを見逃しませんでした。宇都宮の江野町、オリオン通りからちょっと入ったところです。

住所 :宇都宮市江野町2-7
電話番号 :028-634-8363
営業時間 :11:00~20:00(中休みをとる場合あり)
定休日 :不定休

メニューにはないメニュー「餃子饂飩」


ところで、お店のメニューには載っていませんね。宇都宮餃子と言えば、老舗の正嗣や
みんみんを思い浮かべますが、さすが餃子で有名になっただけあって通常の中華屋さん
でも「宇都宮餃子」を扱っているわけです。

スポンサードリンク

老舗のお店と互角にやっていこうと思えば、それなりの工夫が必要なわけで、残皮うど
んもそのうちの一つなんですね。メニューにない残皮うどんの裏メニュー名が「餃子饂
」で、常連さんの中にはむしろ餃子よりも好きだという人がいるほどです。

(Twitter)

 

関連記事

宇都宮餃子食べ比べ 地元民はやっぱりこの店かな

コメント

タイトルとURLをコピーしました