子連れ外出の穴場 とちぎわんぱく公園

旅・イベント
スポンサードリンク

子連れ外出の穴場 とちぎわんぱく公園

休日に子どもを遊びに連れ出そうと思う
とき,首都圏では無料はほとんどあり得
ない話です。

また,せっかく有料の施設に行こうと決
断していざ出発しても,たどり着くまで
に渋滞だったり,現地に着いてからも混
雑で存分に楽しめずに疲れて帰ってくる
などと言うことが多いのが現実です。

その点,とちぎわんぱく公園は首都圏か
らは少し足を延ばすだけで十分満足でき
るお出かけスポットとなっています。

子どもにとっては,お金をかけることが
=楽しいということではありません。
思う存分走り回って,ゲームなど忘れて
しまうくらいの遊びを満喫できればいい
のです。

アクセス便利で混雑なしの無料公園 は,大人も大満足!


とちぎわんぱく公園のメリットは,同行
する大人にとっても満足できるというと
ころにあります。

その第1の理由は,アクセスが便利とい
うことです。電車なら東武宇都宮線の駅
からタクシーを使う必要がありますが,
車なら北関東道壬生インターから2,3分
のところにあります。

もし空いていれば,公園に隣接する北関
のSA「みぶハイウェイパーク」に駐車し
て,そのまま徒歩で外に出れば,向かい
公園になっています。(メインの施設ま
では公園内を5分以上歩く必要がありま
す。)

広大な敷地と収容無限の駐車場

公園内には収容台数が無限とも思われる
ほど何か所も駐車場があります。

公園の公式サイトで調べると約1500台分
のスペースです。これには,隣接する壬
生町の運動公園とSAの駐車場は含まれて
いませんから,それらを含めるとさらに
数百台以上は余裕があると思われます。

なので,ここに来るときには駐車場の心
配が全くないと思っていいのです

また,公園内の敷地が広大なので,ほと
んど混雑というものを感じることがあり
ません。

シーズンの人気スポット(例えば,水遊
び場等)が混み合うということはもちろ
んありますが,その場合も別のスポット
に移動すればいいだけの話です。

もちろん,駐車場もほとんどの施設も無
料です。「ふしぎの船」は有料ですが,
子ども¥120と無料同然の安価です。

園内中央部に食事のできるところがあり
ますが,お弁当持参で訪れる家族連れが
目立ちます。

慣れた家族連れ利用者は,ワゴン車にテ
ントなどを積んで来場し,一日ゆっくり
広大な芝生と木立の間で過ごす姿を多く
見かけます。

春と秋は遠足の目的地


このようなところですから,
春と秋の平日には多くの保育園,幼稚園,
小学校などで遠足の目的地として利用し
ています。多い時には数校が同時に利用
することもありますが,それでも混雑を
感じません。

スポンサードリンク

園内の広大な緑の広場近辺には,遊具も
ありますので,引率した大人は半分は一
緒に遊び,残りの者は談笑か昼寝をして
いることもできます。

春はお花見も混雑なしで楽しめます。
また,桜に限らず年間通して様々な花を
楽しむことができるように職員やボラン
ティアが園内の手入れをしています。

雨天でも利用できるのが利点です。雨天
の場合は,公園内ですが厳密には壬生町
の施設である「おもちゃ博物館」(有
料)の中に広いスペースがあるので,そ
ちらで昼食をとることができるのです。

夏は木陰と水遊び,そして花火大会

もちろん,夏も多くの利用者がいます。
春のお花見のときも桜の木の下でテント
を張る人もいますが,夏に水辺や木陰で
テントを張る人のなんと多いことでしょ
う。

いい場所を選ぼうとしたら早く行く必要
があるかもしれませんが,遅いからと言
って場所がなくなることはないでしょう。

ただし,真夏の人気水遊びスポットは競
争が激しいようです。小さな子をチャプ
チャプ遊ばせながら,その目の前にテン
トが張れるのですから。先着約10張くら
いの権利のようです。

そして,夏の終わりころの花火大会は圧
巻です。これは,子供向きというよりは
若者向きかもしれません。

夜の公園は入れませんから,わんぱく公
園の花火大会ではありません。隣接する
壬生町の施設内で行われる花火大会です。

なので,若干使えない駐車場もあります
が,まず駐車の心配はありません。(念
のため事前に調べておきましょう。)
もちろん,東武線のおもちゃのまち駅等
からのシャトルバスが用意されています。

冬でも利用できる公園


さすがに,晩冬から冬にかけての利用者
は減りますが,関東の冬は昼暖かなので
相変わらず散歩や子供との遊びで利用す
る人が絶えません。

私は,一年中月に2,3回くらい,すな
わち季節の変化があるたびに散歩に出か
けています。

整備された花々や木々の美しさを楽しみ
ながら1時間近く歩きます。園内に落ち
ている栗や銀杏を拾うこともあります。

これまで,小さな子どもたちや孫たちを
何度も遊びに連れて行きました。

タイトルとURLをコピーしました