プロ家庭教師が薦める中学生の英語勉強法

学校
スポンサードリンク

プロ家庭教師が薦める中学生の英語勉強法

「英語勉強法」で検索しても,塾や大手カテ
キョウサイトのCMばかり目立ってなかなか本
当に知りたい情報までたどり着けないのが現
状です。

このサイトでは,私の約10年の家庭教師経験
からオススメする中学生の英語勉強法を紹介
したいと思います。

学校の授業を最大限活用する

最大のポイントは,学校の授業です。

まず,授業が面白くなれば半分以上は成功で
す。しかし,そううまくいく場合ばかりでは
ありません。授業がつまらない,先生が嫌い
,ひどい場合は授業が成立していない(崩壊
してる)などと言う場合もあることは覚悟し
ておかねばなりません。

しかし,たとえどんな授業であろうと,50分
(週150分)の貴重な時間は平等に経過しま
す。

この学校での50分を活用するかどうかでかな
りの差が出てきます。塾に行くかどうかで決
まる以前の話です。

中学生(特に男子)は,肉体的に著しい生長
の時期に当たっている上,部活等で毎日くた
くたで帰宅しますので,家での効率の上がる
勉強は期待しないほうが良いでしょう。

黙っていれば,帰宅して夕食を食べ,入浴し
たら即爆睡ということになりがちなのです。

なので,学校でどう50分を使うかがカギとな
るのです。

私は,子どもたちに次のような態度で英語の
授業時間を過ごすよう提案しています。

1.教科書の英文を音読できるようにする。
2.教科書の英文の意味が分かるようにする。
3.教科書の英文を暗唱する。
4.教科書の英文を書けるようにする。

この4つを授業の50分のうちにやってしまう
くらいの集中力が欲しいものです。

しかし,現実にはなかなか難しいところがあ
るので,最低限,家に帰って復習できる準備
をしておく必要はあります。

そのために,自分が1回で読めなかった単語
にはカナを振っておく,新出の単語や忘れて
いた単語にはその意味もメモしておく。

授業の合間(先生の指示する活動からフリー
な時間)を利用して,進んで自学自習をする。
この作業は,中上位の生徒向けかもしれませ
んが,書きながら英文(英単語)を暗記する
ことができるといいですね。

眠くても毎日の自学を欠かすな


さて,最近の中学校では宿題を出す先生が多
いようです。宿題の中心は大抵は自学です。

これが,宿題と言われなくてもできるように
なれば,学習塾や家庭教師は不必要とも言え
ます。しかし,現実は宿題だからこそ何とか
少しでもやるというのが普通の生徒のようで
す。

小学校と違って,学級担任の先生と接触する
時間は短いので,余程熱心な先生でない限り
宿題にはするものの,自学のやり方を教えた
り,自学ノートを丁寧にチェックしてくれる
ことはあまりないかもしれません。

そのため,自学をほとんどやらないまま受験
勉強の時期に入ってしまったという子も多い
のです。

大事なことは,必ず毎日の自学の習慣を身に
つけさせることです。中学生はくたくたで帰
ってきますから,帰宅すれば一息入れたいの
は自然な成り行きとも言えます。

ましてや,両親とも働いていて一人となれば,
おやつやゲームなどの誘惑に勝つことはかな
り困難と思います。

しかし,親の管理(監視)の下でも毎日の自
学は何とかやらせるようにしましょう。ここ
が,親の知恵の働かせどころとも言えます。

その役を塾か家庭教師に任せることもできる
かもしれませんが,あまり期待しないほうが
良いでしょう。

何らかの形で親の工夫で習慣づけるべきです。

たとえば,
子どもが帰宅する時間までには自分も帰宅で
きる仕事できるなら,夕食までの時間を自学
タイムとすることができます。

この場合,できれば自分の部屋では勉強させ
に親がいるところ(リビングなど)でやら
せるべきです。

なぜなら,ひとりになるとやはり違うことを
してしまいがちだからです。そして,親と一
緒ならば英文の読み方や意味を教えることが
できるからです。また,その日の出来事を聞
いたり親子の触れ合いの時間ともすることが
できます。

もし,子どもの帰宅時間に親がいない場合は
夕食後や就寝前など節目の時間帯に親の管理
下で自学タイムを確保すべきです。

スポンサードリンク

親の管理下とは,ひとつは子どもに自学のこ
とを思い出させるということ,そして自学ノ
ートをチェックして評価する(1行でもやれ
ばほめる等)ということです。もちろん,親
に促されなくても始まれば,大いにほめてノ
ートをチエックする必要もないかもしれませ
ん。

英語自学のやり方


さて,自学のやり方についてお伝えします。

自学は,基本その日にやった授業の復習をし
ます。どの学校でも,1日5教科のうちに2~4
時間程度の授業があります。なので,自学の
時間に1時間取れるとすれば,1教科15分から
30分程度の勉強をすることができます。

初めは5分でもいい,1行でもいいのです。と
にかく,毎日やることが肝心なのです。

そして,ノートに足跡を残すことが大事です。
日付と教科を書いてから1行でも書きます。

英語の場合,読むことでほとんど時間がとら
れてしまうかもしれませんが,1文でも書か
せましょう。

英語は文で覚えさせます。
wantが「ほしい」makeが「つくる」と覚えさ
せるだけでなく,I want to make you happy.
を「あなたを幸せにしたい。」も覚えさせる
ことがより効果的と言えます。

そして文を書いて覚える際,
極端な場合,Iを見て書き,wを見て書
き・・と1字ごと視写する子がいます。
それでは,憶えられないだけでなくとんでも
ない時間がかかってしまいます。

最低でも1単語ずつ,できれば1文丸ごと暗記
してから書くのが効果的です。この分の場合
なら,I want toとmake you happyの2つに分
けても良いでしょうが,少々長くても1文丸
ごとに挑戦させる意義は大きいと思います。

一回で書けたらそれこそすごい自信につなが
るでしょうが,むしろ1度間違えたほうが勉
強になります。

例えば,I want make you happy.
と書いてしまったら,赤字でtoを挿入します。
そして,もう一度見ないで書きます。

こうして,見ないで(暗記して)1文かける
まで繰り返します。これを1日1,2文できれ
ば上出来と思います。

この作業の代わりに,ワークブックの問題を
解いてみるのもOKです。この場合も,間違え
た個所を消しゴムで消して直さずに,赤字で
直します。そして,赤字が入った文全体をノ
ートに書いてみます。もちろん,見ないで正
しく書けるまで。

もちろん,英語テスト満点を目指す子は,1
文どころか教科書の英文英単語の隅々まで
一つ残さず憶えてしまうまで書くべきですし
,その上ワークの勉強も完璧にこなすべきで
す。

毎日15分NHKラジオでリスニングを鍛えよ

さて,最近の中学生は小学校時代の英語学習
のお陰で書くことは苦手でも聞くことの力が
結構あります。

それにしても,小学校英語と中学英語とでは
レベルが違うのは当然です。学校でのALTと
の授業や授業中のCDだけでは十分とは言えま
せん。

そこで,提案したいのがNHKラジオの基礎英
語です。毎日朝と夜に15分の放送があります。
これを毎日聞くことをお奨めします。聞き流
す程度でも力が付きます。495円でテキストを
購入できますが,テキストなしでも勉強にな
ります。

「基礎英語0」は,小学生か中1向け。
「基礎英語1」は,中1以上向け。
「基礎英語2」は,中2以上向け。
「基礎英語3」は,中3以上向け。

と言えます。

英検3級合格は難しくない

英語が好きになったら英検を目指すのは今や
普通の現象となりました。

目安として,英検3級は中学校卒業程度と言
います。確かに文法は中学校卒業程度ですが,
そんなに英語が得意でもない中3の子が中3の
6月の試験に受けて結構合格しますので,中
学校時代の3級取得に挑戦させることも難し
いことではありません。

3級を目指す子は「基礎英語3」を是非聞か
せたいですね。「基礎英語3」では,高校で
学習する単語や文法も出てきますので,準2
級を目指す高校生のリスナーも多いようです。

無料翻訳アプリを活用しよう

大人でも使う人は使っている無料翻訳アプリ
は便利です。

ただし,スマホかパソコンがメンタル面でも
技術面でも使いこなせることが前提です。
基本的に中学生の段階では,これらの機器は
自由に持たせるべきではないと思います。

平日は親が預かり,土日は自由に使わせると
いうのが分かりやすい使わせ方です。ゲーム
など平日の短い時間制限などむしろストレス
がたまるだけです。

譲歩したとしても,自学が終わった後なら平
日でもOKとしましょうか。でも,その場合睡
眠不足になりそうですね。やはり,平日禁止,
土日やり放題の方がすっきりしませんか?

話がそれましたが,
オススメのアプリを下に書いておきます。

・Google 翻訳
VoiceTra

タイトルとURLをコピーしました