とにかく毎日やる!中学2年生の勉強法

学校
スポンサードリンク

とにかく毎日やる!中学2年生の勉強法

中学2年生は,最も部活等が忙しい
時です。家での勉強は睡魔との戦い
と言ってもよいほど疲れ切って帰宅
します。

しかし,それに負けて全然勉強しな
いのであれば,3年生になって後悔
することになってしまいます。

毎日,教科書,ノート,ワークを開
いて,5分でも,ノート1行でも,
1年生での勉強法でお伝えしたこと
を,やるべきです。習慣にしてしま
えば20分や30分はあっという
間にすぎてしまうものです。

これは,どんなに疲れていても眠く
ても習慣づけましょう。

どうしても無理ならば,睡眠時間を
減らすのではなく,TVやゲームなど
の好きなものをやめるしかありませ
ん。

それらも,気づくと1時間やそこら
はすぐに経ってしまうのですから。

お子さんを東大に合格させたある母
親は,平日のゲームを一切禁止し,
その代り土日やり放題にしたそうで
す。この方が,「1日〇分」とか言
うよりストレスがなくていいですね

このことから,たとえ短い時間でも
平日の勉強がいかに重要か分かりま
す。

もちろん,この母親も言っていたよ
うに,それができる環境を親が作っ
てやる必要があります。

子どもがゲームをガマンして懸命に
勉強しようとしているのに,他の家
族がゲームやテレビを見ていたので
はまずいですね。

東大に行ったその子は,自分の部屋
よりもリビングで勉強することが多
かったそうです。

なるほど,そうすれば勉強以外のこ
とをするわけにいかないし,家族も
それを邪魔するようなことをするわ
けにいきません。

その上,ときには親子の会話もした
りして休憩というのもモチベーショ
ンのためにはいいと思います。

中2生のオススメ勉強法

中2生の具体的なオススメ勉強法は
基本的には1年生と同じです。
次のとおりです。

1.毎日家で勉強する。
2.時間を決めてたとえ5分でも
 るようにする。
3.専用ノートを決めて,毎日日付
 を書いて1行でも勉強の跡を残す。

各教科の学習法

英語
その日の授業で学習した教科書のペ
ージ。
①音読(←授業の時にカナを振るな
どしておく)→速音読→暗唱
②英文の意味を言う(←授業時にメ
モ・ノートしておく)
③英文を書けるようにする。(見な
いで書けるまで)
④ワーク類で確認(間違えたところ
は赤で直す)

英語の勉強法の詳細はこちら
プロ家庭教師が薦める中学生の英語勉強法

スポンサードリンク

数学
ウォーミングアップとして,
繰り上がり繰り下がりのある計
算,九九など小学校の復習をす
る。(算数が得意だった子は不
 必要だが,不得意な子はそのま
まにしておいては,中学校の数
学がつらい。2桁程度の足し算
引き算で2秒以上かかっている
ようでは,たとえ中学数学が理
解できてもテストを時間内に終
らせることが難しいのです。)
②今日学習したところをワークで確
認。(間違えたところは赤で直し
てもう一度やってみる。)

数学の勉強法の詳細はこちら
プロ家庭教師が薦める中学生の数学勉強法

理科・社会
①今日学習した範囲の教科書を読む
。大事だと思うところにマークす
る(アンダーラインを引く)。
②マークしたところについて,ノー
トに書いてみる。
③ワークで確認する。(間違えたと
ころは赤で直す)

国語
①今日学習したところを読む。
(←読めない漢字や古語は授業中に
カナを振っておく。)
②自信のない漢字や新出漢字を見な
いで書けるまで練習する。
③ワークで確認する。(間違えたと
ころは赤で直す)

※「間違えたところは赤で直す」と
したところは,後日(少なくともテ
スト前に)再度やり直す。

国語勉強法の詳細はこちら

こんな場合は塾や家庭教師を検討しよう


定期テストの成績(特に英数の成績
)が学年平均を下回る場合は,本人
だけの努力では成績を上げることが
難しいと思います。

「分からない」と思って先生など他
人に教えてもらおうと行動できる子
ならいいのですが,特にこの時期の
多くの子はそれが難しいようです。

ある中学校に学習ボランティアで伺
った際,3年生の入試直前の時期で
も,些細なことを分からないままに
しておいた生徒がいるのを知って驚
いたことがあります。

英語と数学は,いわゆる暗記科目と
は異なるので,自力で成績を上げる
のは難しいようです。

ましてや成績の低い子(4,50点
にも届かないような)の場合は,英
語では中1の初めまで,数学では小
学校算数まで戻って学び直す必要も
生じてきます。

このような生徒を学校で引き上げる
努力もしてはいるのでしょうが,集
団教育にはやはり限界があります。

なので,できれば2年生までの段階
で塾か家庭教師を活用することをお
奨めします。

塾か家庭教師を利用すれば必ず成績
が上がるというものではありません。

しかし,学校と違って,結果が出な
ければ塾や教師を変えることが容易
なのが利点なのです。

タイトルとURLをコピーしました