福島のオススメ冬の旅

旅・イベント
スポンサードリンク

福島の冬の旅は雪と温泉

福島の冬の旅と言えば,
やはり雪景色・温泉・美味しい日本
酒というところでしょう。

そうなると,どうしても会津が中心
になりますね。

マイナーな温泉地を軸とした4通り
のおすすめコースを紹介しま
す。

1.会津観光と中ノ沢温泉 

 首都圏からもっとも行きやすいと
 ころは,会津の中心地である会津若
 松と喜多方です。

 観光を兼ねるのであれば,こちら
 のコースが良いですね。

 東京から高速バスで行くのがお薦
 めです。

 東京駅と新宿駅から会津バスの高
 速バスが出ています。朝出発すれ
   ば,正午頃には,猪苗代や若松に
   到着します。
 http://www.aizubus.com/highway/

 

 

 1.猪苗代の野口記念館などの名
  所を尋ねてから早めに中ノ沢温
  泉に向かうコース。

 2.若松の鶴ヶ城などを見てから
  温泉に向かうコース。

 3.昼食に喜多方でラーメンを食
  べて,蔵の街を散策してから温
  泉に向かうコース。

 上記の観光地は,冬と言ってもさ
 ほど雪は深くないと思います。

 中ノ沢温泉は,猪苗代町の磐梯高
 原,母成グリーンライン沿いにあ
 る秘湯とも言える温泉です。私に
 は,ここの露天風呂が印象に残っ
 ています。

2.定番大内宿と湯野上温泉

 さて,冬の福島の代表のような雪
 景色は大内宿ではないでしょうか。

 

 大内宿は冬に限らず年中観光客で
 にぎわっているところです。

 会津の中心地の観光地と違い,奥
 会津になるので,雪は少し多くな
 ります。

 大内宿には,会津若松から会津鉄
 道で湯野上温泉駅にいきます。駅
 からは,北に車で1時間以内で行
 けるところですが,冬期は事前の
 確認が必要です。
 こういうサービスもあるようです。
 http://www.aizu-concierge.com/8654/

 大内宿で美味しいものを食べたり
 ,お土産を買って楽しんだら,湯
 野上温泉にゆっくり浸かって翌日
 帰りましょう。

 場合によっては,逆に翌日大内宿
 というのもいいですね。

 ところで,東武日光線と会津鉄道
 はつながっていますので,帰りは
 湯野上温泉駅から山を越えて関東
 に向かうのも面白いです。

スポンサードリンク

 

3.檜枝岐のスキーと温泉

 桧枝岐は,昔平家の落人の村だっ
 たこともあり,関東からも東北か
 らも北陸からも,もっとも奥まっ
 た地域です。

 そうした背景から,文化面でもま
 た尾瀬の入り口としても,年間を
 通して魅力満載ですが,今回は冬
 の魅力をお伝えします。

 会津鉄道で若松から約1時間乗っ
 て会津田島駅に着きます。ここか
 ら車で1時間で桧枝岐に着きます。

 タクシーやバス(最終バス15:25 
 所要時間2時間 2500円くらい)
 で行くのもいいですが,複数なら
 ばレンタカーを借りたほうが安い
 でしょう。
 https://aizu-rentacar.com/
 (24時間6500円から)

 雪はかなり深いですが,きれいに
 除雪してあるので心配ないでしょ
 う。会津の幹線道路には消雪パイ
 プがあるのです。

 1日目は着くのは夕刻でしょうか
 ら,温泉に浸かったら,サンショ
 ウウオの天ぷらなどいただきなが
 らおいしいお酒を飲みたいですね。

旅館ひのえまた
桧枝岐の民宿

桧枝岐の冬のおすすめはスキー場です。
家族で気軽に楽しめるスキー場が
宿泊施設の近くにあるのです。

 

4.オススメ秘湯二岐温泉

 二岐温泉は,正確には会津ではな
 いのですが,最寄りの駅が湯野上
 温泉駅なので,ほとんど会津と言
 ってもいいところです。

 奥羽山脈の山奥の谷底にある温泉
 なので,冬は雪深いことが多く,
 冬道になれない人は車の運転が怖
 く感じますので,タクシーや送迎
 バスを利用したほうが良いでしょ
 う。

 湯野上からよりも時間はかかりま
 すが,東北新幹線新白河からの送
 迎が便利のようです。

 コースとしては,会津の大内宿観
 光とつなげるか,白河の観光とつ
 なげると良いでしょう。

 秘境中の秘境,秘湯中の秘湯とも
 言える割には,こぎれいな旅館が
 数件あります。温泉を存分に楽し
 んでください。

 二岐温泉柏屋旅館

 ここの川沿いの雪の露天風呂が
 忘れられません。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました