いじめの芽を初期段階で摘む戦い方

人間関係
スポンサードリンク

いじめの芽を初期段階で摘む

いじめはなくならない

最近は,むしろ「大人のいじめ」が問題
になっていますが,醒めた言い方をすれ
ば,「大人の子ども化」現象ともいえる
でしょう。

構造は同じなので,ここでは子どものい
じめについて取り上げたいと思います。

ところで,世間ではいじめをなくそうと
して躍起になっていますが,いじめは永
遠になくならないと思います。

まあ,この世に住む人がすべて仏様のよ
うになれば,いじめはなくなるでしょう。

しかしながら,方向は同じこととも言え
ますが,「いじめと戦う」ことは可能で
す。

「いじめとの戦い」とは相手に個人の尊 厳を認めさせる戦い

小さなことを見過ごしてはいけません。
そんなことは,いじめとは言わないだろ
うと思えても,見過ごしているとエスカ
レートする場合があります。

言葉は悪いが,子どもは(大人にも多い
が)つけあがるものです。

個の尊厳を傷つける小さなことを許して
いると,いじめまで発展しかねません。
大人は,このことを子どもに教える必要
があります。

具体的には次のようなことです。

1.勝手に他人の物を使用する。
2.勝手に他人のノートなどの所有物に書きこみをする。
3.  相手の悪口をいないところで言う。

消しゴムの貸し借りの功罪

例えば,平気で隣の友達の消しゴムを無
断拝借する子がいます。これを許してい
ると,いつの間にか持ち物がなくなるこ
とが増えてきます。

では,許可があればいいかというとそう
ではありません。許すとしても一度だけ
にすべきです。

消しゴムくらいと思うかもしれませんが,
その背景には安易に相手を自分の都合の
いいように使おうという意図が見えます。

そういうことが将来「お金貸して」とい
う要求に変わる可能性もあります。
双方の子どもにとっていいことではあり
ません。

また,自分の消しゴムを持っているのに
「貸せ!」ということもありますが,本
当に自分で持っていない場合,友だちに
消しゴムを借りるのではなく,親に買っ
てもらうという行動を起こすべきなので
す。

すなわち,子どもの文具が不足している
のに気づかない家庭にも問題があるので
す。

相手の好き勝手にさせ続けると,「自分
の所有物へ頓着しない子」と認識されて,
そのうちカバンの中を開けられたり,靴
を隠されたりし始めます。

また,自分のいないところで好き勝手な
悪口を言うことを許しておくと,いじめ
が広がります。

子どもの表現力を磨く

今はむしろ「いじめ」という言葉は使い
にくくなっています。使えば,過剰反応
が予想されるので,当事者も指導する側
も慎重になります。

たとえば,「いじめてなんかいない。」
「いじめられてなんかいない。」「それ
は,いじめだよ。」という反応が良く聞
こえてきます。

これでは,問題が解決に向かって進展し
ません。

なので,「いじめ」という言葉は使わず
にコミュニケーションをとることがより
前向きな方法と言えます。

スポンサードリンク

すなわち,表現力です。

小学校勤務時代の私の経験では,こんな
事例がよくありました。

「先生,〇〇ちゃんが嫌なことしてく
る。」と訴えてきます。

こういうときの指導者の対処の仕方は,
大抵次のどちらかです。
1.(「またか」と思い)「そうか」と,
共感だけしてスルーする。
2.(「またか」と思い)相手を呼んで
指導する。結論は,「ごめんなさいしな
さい。」〇〇ちゃん,いつものとおり
「ごめんなさい。」訴えてきた子,うな
づいて一件落着。

私は,上記はいずれも根本的な解決にな
っていないと思います。

こういう場合,私は次のように指導しま
した。

始めに,訴えてきた子に「自分が嫌だと
いうことを言いましたか?」と聞きます。
これに対して,「嫌」ということを伝え
ていない子がこの頃多いのです。

自分の嫌な気持ちを相手に伝えていない
理由は,怖いか内気な性格から来ている
場合は,一緒に行って教師(おとな)の
そばで言わせます。それでも言えない場
合は,代わりに伝えてやる必要がありま
す。

しかし,多くは「自分の嫌な気持ちを相
手に伝えること」を知らないのです。知
らないということは,教わっていないの
です。

おそらく,教わっていることは「いじめ
られたら先生に言うんだよ。」というこ
とだけだったのでしょう。

○○ちゃんにも聞いてみると,「え~?
○○ちゃん喜んでいたよ。」と言ったり
します。

そうです。「いじめ」られやすい子は心
の内は辛くても,結構笑顔で反応してる
場合があるのです。あるいは,自分の気
持ちを伝えることよりも耐えることを選
びやすいようです。

これって,確信犯のいじめっ子は別とし
て,「いじめ」てしまっている方として
は,心外ですよね。

なので,まとめますと,いじめとの戦い
方の第一歩は,「嫌」という思いを表現
すること
なのです。

表現の仕方

「嫌」という思いを表現するには,次の
ような段階があると思います。

1.表情で表す(練習が必要かもしれません)
2.表情を作ったうえで「嫌!」と言う。
3.何が嫌なのか具体的に伝える。
4.伝えてもやめなければ,離れる(友だちでなくなる)ことを予告する。(実際に離れる。)
5.さらにやめなければ,教師か親に訴えると予告する。

いじめは,「仲間外し」という形で現れ
る場合もあります。非道なことをするも
のに対してへつらう必要はありません。

「だれとでも仲良く」というのは現実的
ではありませんので,場合によっては友
だちを失い孤立することを恐れてはいけ
ないことを普段から教えておくべきでし
ょう。

ここまでで,大抵は解決するでしょう。
「嫌なこと」がもし暴力であるなら,5
で防衛反応(=身を守るために対抗する
か逃げる)が必要になります。

ここまでで解決しない場合は,本格的な
戦いになります。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました